ロゴ

対 象 と な る 方

ちょっと演じてみたい方

新しい挑戦をしてみたい方

日本遺産って何?と、興味のある方

演劇や朗読等を学んでいる方 など

募集概要

●応募資格:ワークショップに参加できる高校生等
●募集人数:20人(応募者多数の場合は抽選)
●参加料:無料
●申込締切:2022年8月23日(火)
●申込方法:ホームページ申込フォーム(チラシ裏面の申込用紙からもお申込頂けます)
●問合先・申込先:株式会社日本旅行北海道小樽支店(下記記載)

参加時の服装等

●1日目は問いません。2日目以降は、舞台稽古のメニューがございますので、ジャージ、スウェット、パーカー等動きやすいもの。足元はスニーカー等をお勧めいたします。
●持ち物:筆記用具 ※マスク着用、手指消毒などにご協力をお願いいたします。

公演内容のストーリー設定

小樽の高校生が、修学旅行に来ている高校生との触れ合いの中で、小樽の魅力への関心から、歴史をひもとき、現代の見えにくい努力に気づき、未来に向かっていくという内容です。

スケジュール

日 程 時 間 場 所 区分(内容)
 8 / 2 (火) 18:30〜20:30 運河プラザ(小樽市観光物産プラザ) オリエンテーション(説明会)
 8 /13(土) 14:00~16:00 運河プラザ(小樽市観光物産プラザ) ワークショップ①
 8 /27(土) 14:00~16:00 小樽経済センタービル会議室 ワークショップ②
 9 / 4 (日) 14:00~16:00 運河プラザ(小樽市観光物産プラザ) ワークショップ③/舞台稽古①
 9 /17(土) 10:00〜13:00/14:00~16:00 小樽経済センタービル会議室 ワークショップ④/舞台稽古②
10/ 1 (土) 10:00〜13:00/14:00~16:00 運河プラザ(小樽市観光物産プラザ) ワークショップ⑤/舞台稽古③
10/15(土) 10:00〜13:00/14:00~16:00 小樽経済センタービル会議室 ワークショップ⑥/舞台稽古④
10/29(土) 10:00〜13:00/14:00~16:00 小樽経済センタービル会議室 ワークショップ⑦/舞台稽古⑤
11/12(土) 10:00〜16:00 運河プラザ(小樽市観光物産プラザ) リハーサル稽古
矢印
11/13(日)
9:00〜20:30
小樽市民センター(マリンホール)
※控室利用(3Fリハーサル室、研修室)
設営・リハーサル9:00~
【1回目公演】
受付11:30 開場12:00
開演13:00 終演14:00
【2回目公演】
受付15:30 開場16:00
開演17:00 終演18:00
新型コロナウイルス感染拡大防止に努めて本イベントを実施いたします

講師プロフィール

北脇一徹氏

北脇 一徹

㈱キシプロ所属

1982年4月 〜 1986年4月
日本大学芸術学部演劇学科演技コース
1986年4月 〜 1989年4月
劇団薔薇座 俳優
2005年4月 〜
北海道芸術高等学校 声優コース講師
■ラジオドラマ 出演
・「三国志」孫堅役 (文化放送)
・「Voice World」(FMノースウェーブ)2018.10~
・「NEXCO東日本 Highway Driving Note」
 (FMノースウェーブ)
■TVドラマ 出演
・「催眠」(TBS) 
・「女検死官」(日テレ)
・「湯煙混浴殺人事件」(テレ朝)
・「宗谷岬に消えた殺人者」(テレ朝) 
・「ひかりのまち」(HTB)
■映画 出演
・「雨鱒の川」
・「天国の本屋~恋火」
・「夕張国際ファンタスティック映画祭作品」
■TV番組 出演
・「須藤元気の網走日記」(HTB)
・「北海道クローズアップ」(NHK)
■TV番組 ナレーション
・「熱烈!ホットサンド!」 (STV)
■TV-CM 出演
「パナソニック」
「奥尻観光局」
「板東法務事務所」
「NTTドコモ」
「セイコーマート」
「丸共バイオフーズ」

その他、舞台・VP出演・イベントMC等多数 等多岐に亘り活躍中。

北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽

北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽

日本遺産候補地域「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽」ストーリーの概要

かつて小林多喜二は、明治以降に、港と鉄道の大動脈により発展していく小樽を北海道の『心臓』と表しました。北日本随一の商都に発展した小樽は、未来を夢見た人々や財を成した資本家の「民(たみ)の力」でまちをつくりあげてきました。
高度経済成長期に衰退する小樽に、荒廃した運河を埋め立てて道路にする計画がつくられます。失われていく「まちの記憶」を守るために新たに動き出す「民の力」。「小樽運河保存運動」を契機に歴史的遺産をまちづくり観光に活用・再生につなげ、日本のまちづくり運動の先駆けとなった小樽市民の物語です。

申し込み方法

ホームページ申込フォームもしくは、チラシ裏面の申込用紙からお申込頂けます。

申込フォーム

※ホームページ申込フォームに必要事項を入力し、送信してください。

申込用紙

※申込用紙をダウンロードし、
FAXにて0134-33-4465に送信してください。

参加者用連絡フォームは、こちらからアクセスしていただけます。